私たちは1991年以来成長する世界を支援します

ガスケットの取り付けに注意が必要ないくつかの事項

ガスケットは、「走行、放出、液だれ、漏れ」を解消する静的シール部品です。静的シール構造が多いため、これらの静的シール形態によれば、フラットガスケット、エリプティカルガスケット、レンズガスケット、コーンガスケット、液体ガスケット、Oリング、およびさまざまなセルフシールガスケットがそれに応じて登場しています。ガスケットの正しい取り付けは、フランジ接続構造またはねじ接続構造、静的シール面およびガスケットが間違いなくチェックされ、他のバルブ部品が損傷していない場合に実行する必要があります。

1.ガスケットを取り付ける前に、シール面、ガスケット、ねじ山、ボルトおよびナットの回転部品に、グラファイト粉末またはオイル(または水)をブレンドしたグラファイト粉末の層を塗布します。ガスケットとグラファイトは清潔に保つ必要があります。

2.ガスケットは、中央に配置され、正しく、たわまないように、バルブキャビティ内に伸びたり、肩に載ったりしないように、シール面に取り付ける必要があります。ガスケットが均一に圧縮されるように、ガスケットの内径はシール面の内径よりも大きく、外径はシール面の外径よりもわずかに小さくする必要があります。

3.ガスケットは1枚のみ取り付け可能であり、2つのシール面の間に隙間がないようにするために、シール面の間に2つ以上のガスケットを取り付けることはできません。

4.楕円形のガスケットは、ガスケットの内輪と外輪が接触するように密封する必要があり、ガスケットの両端が溝の底に接触しないようにする必要があります。

5. Oリングの取り付けについては、リングと溝が設計要件を満たす必要があることを除いて、圧縮の量は適切である必要があります。金属中空Oリングの平坦度は一般に10%から40%です。ゴム製Oリングの圧縮変形速度は円筒形です。上部の静的シーリングは13%〜20%です。静的シール面は15%〜25%です。内圧が高い場合、真空を使用すると圧縮変形が大きくなります。シール性を確保することを前提に、圧縮変形速度が小さいほど良好であり、Oリングの寿命を延ばすことができます。

6.取り付けに影響を与えたり、バルブを損傷したりしないように、ガスケットをカバーに配置する前に、バルブを開位置にしておく必要があります。カバーを閉めるときは、位置を合わせ、ガスケットのずれや傷を防ぐため、押したり引いたりしてガスケットに触れないでください。カバーの位置を調整するときは、カバーをゆっくり持ち上げてから、ゆっくりと位置合わせする必要があります。

7.ボルト締めまたはねじ込みガスケットの取り付けは、ガスケットが水平位置になるようにする必要があります(ねじ込み接続用のガスケットカバーは、レンチ位置がある場合はパイプレンチを使用しないでください)。ネジの締め付けは、対称的で交互の均等な操作方法を採用する必要があり、ボルトは完全に締められ、きちんと緩んでいない必要があります。

8.ガスケットを圧縮する前に、圧力、温度、媒体の特性、およびガスケットの材料特性を明確に理解して、事前締め付け力を決定する必要があります。圧力試験が漏れない状態で、事前締付け力を可能な限り小さくする必要があります(事前締付け力が大きすぎると、ガスケットが損傷しやすく、ガスケットの弾力性が失われます)。

9.ガスケットを締めた後、ガスケットが漏れたときに事前に締める余地があるように、接続部品に事前に締める隙間があることを確認する必要があります。

10.高温で作業する場合、ボルトは高温クリープ、応力緩和、および変形の増加を経験し、ガスケットでの漏れにつながり、熱による締め付けが必要になります。逆に、低温条件下では、ボルトは収縮するため、冷間で緩める必要があります。熱間締付けは加圧、冷間緩めは圧力逃がし、熱間締付けおよび冷間緩めは、使用温度を24時間維持した後に実行する必要があります。

11.シール面に液体ガスケットを使用する場合は、シール面を洗浄または表面処理する必要があります。研磨後の平らなシール面は一定であり、接着剤は均一に塗布され(接着剤は作業条件に適合している必要があります)、空気は可能な限り排除されている必要があります。接着剤層は一般的に0.1〜0.2mmです。ねじ山は平らなシール面と同じです。両方の接触面をコーティングする必要があります。ねじ込むときは、空気の排出を容易にするために垂直位置にする必要があります。他のバルブをこぼしたり汚したりしないように、接着剤が多すぎないようにしてください。

12.ねじ山のシーリングにPTFEフィルムテープを使用する場合、フィルムの開始点を薄く伸ばしてねじ山の表面に接着する必要があります。次に、開始点の余分なテープを取り除き、フィルムが糸にくさび形にくっつくようにします。糸の隙間にもよりますが、通常1〜3回巻きます。巻き方向はねじ込み方向に従い、終点は始点と一致している必要があります。フィルムをゆっくりとくさび形に引っ張って、フィルムの厚さが均一に巻かれるようにします。ねじ込む前に、ねじの端でフィルムを押して、フィルムをねじと一緒にめねじにねじ込むことができるようにします。ねじ込みは遅く、力は均一でなければなりません。締めた後は絶対に動かさないでください。回さないでください。漏れやすくなります。


投稿時間:2021年1月14日